言うことを全然聞かない子供との関係をタロットで占ってみました。

反抗期というものが子供の成長過程にはありますが、我が家の息子も何回目かの反抗期を迎えているようで、いちいち反論しないと気がすまないようです。何か言い返そうとする態度にこちらも感情的に対応してしまったりと、ぶつかることも増えました。

お互いにパワーを無駄に消耗するので、どんな接し方をすればよいのかをタロットで占ってみました。

wpid-wp-1442548644490.jpeg

息子のママへの気持ち 「ソードのナイトの逆位置」

ママに望んでいること「愚者の逆位置」

wpid-wp-1442548832373.jpeg

ソードのナイトは目的に対してスピードを持って動くカードなんですが、このカードが逆位置な事から、何かしたいと思った時に邪魔してくる存在と感じているのではないかな~?と思えました。近頃アイフォンで色々と検索したりアプリを使ってみたりと親のわからない動きも増えてきてるのですが、何かしたい時に「必要ないと思う」という言葉で阻止しているのは私です^^;

情報のカードでもあるので、そういう面でも私が居る事ですんなりとできない事も多いかと思います。

wpid-wp-1442548839285.jpeg

ママの気持ち「皇帝」

この関係の問題点「死神」

これは納得。

私は心配性というか、子供の事を把握していたくて、とにかく言うことを聞かせて予想できない動きをさせたくないという思いが強いです。不安や心配が強くでてしまうんですね。何か問題に巻き込まれるかもしれないし、外で誰かに迷惑をかけるかもしれない。という可能性の方に意識が向いてしまって、子供のやりたいという気持ちを抑えてしまうところがあります。

しかし問題点で「死神」が出ているので、そういう関係をそろそろ終えないといけないのかもしれません。死神は刷新や別れ、終わりなどの意味を持つカードです。

子離れにはまだ早いですが、少し信用したり任せると決めた事は放置してみたり、子供との関係性を新しくしなければいけないのかな?と思えました。

そう決めようと思った途端に、でも任せたら無責任だったりするのよね・・・という心の声が聞こえてきましたが(汗)

言う事を聞かないのではなく、聞かせたいから聞かなく感じるのかな。

結果「審判」

wpid-wp-1442548851086.jpeg

悩みと思ったら悩みですが、これは先の為に必要な経験であり悩みですよね。

これも糧になって、新しい関係性に進んでいきますよ~♪

そう言われているような。ここを乗り越えたら反抗期を1山越えるのかな♪

アドバイス「カップの7の逆位置」「カップの10」

wpid-wp-1442548856783.jpeg

現実をみるカードにみんなで仲良く幸せに~♪なカード。

家族が仲良く過ごすために。その目的をまずしっかりと意識する。

その上でママだからやってもいい。子供だからやってもいい。というようなアバウトな接し方ではなく、お互いを尊重してお互いが気持ちよく過ごせる方法、ルールを話し合う事が良いかも。

子供なんだから言う事を聞きなさい!!もおかしいだろうし、

お母さんなんだからこれぐらいしてよ!!とか子供なんだからここは駄々こねてもいいでしょ!もおかしい。

今は感情的にぶつかってしまう事が多いので、子供の気持ち、ママの気持ちをちゃんと理解して落ち着いて向き合えるように努力したいと思います。

誰だって楽しく仲良く過ごしたいですもんね♪

それぞれがちょっとそこを大切にするだけで、もっと優しくなれるのかも♪

どうすれば良いのかわからない時やちょっと落ち着いて現状を眺めたい時にタロットで静かに自分や相手の事を振り返ることができるのはとってもありがたいです♪
頼りになる道しるべ♪
お子様との関係に悩まれている方にもお勧めです♪